政策動向

政策動向

マンション政策小委員会が初会合 管理への行政関与、老朽化マンションの除却へ議論スタート

国土交通省は10月18日、社会資本整備審議会(国交相の諮問機関)に設置したマンショ ン政策小委員会の初会合を開催した。論点として、マンションの適...
政策動向

東京都、マンション管理適正化指針を作成 修積金の設定、管理状況の情報開示など促す

 東京都は、マンションの管理の適正化に関する指針(素案)を作成した。3月から施行した「東京におけるマンションの適正な管理の促進に関する条例」に基づき、...
政策動向

川崎市、支援制度一本化で子育て世代定着狙う 管理不全への行政関与へ仕組み検討

   川崎市は、子どもから高齢者までが住み慣れた地域で暮らし続けられる地域包括ケアシステムの確立を見据えたマンション支援策に取り組む。適正管理の促進...
政策動向

多摩市マンション管理セミナーを開催 将来を見据えたマンションの運営

 多摩市マンション管理セミナーが6月29日に開催された。多摩市が主催、多摩マンション管理士会の協力によるもので、テーマは「将来を見据えたマンションの運...
政策動向

敷地売却制度の適用拡大、団地の敷地分割など検討へ 国交省検討会が取りまとめ、法改正の議論に展開

国土交通省は、マンションの適正管理や再生に向けた今後の施策の方向性について、有識者を交えた検討で取りまとめた内容を明らかにした。地方自治体によるマン...
政策動向

マンション防災計画の立案へツール開発 地図上にデータ搭載、状況可視化し検討促す 大阪・北区を皮切りに普及へ 管理協

 マンション管理業協会は、マンションの防災計画策定を推進するため、マンションや周辺地域の持つ属性を地図上に一元化するツールを開発する...
政策動向

マンション適正管理条例案を都議会に提出 状況届出制度は20年4月1日施行 東京都

東京都は「東京におけるマンションの適正な管理の促進に関する条例」案をまとめ、2月20日に開会した2019年第1回東京都議会定例会に提出した。管理組合...
政策動向

国交省、マンションなどのエコリフォームを支援 今年度2次補正予算、戸当たり30万円を補助

国土交通省は、今年度第2次補正予算で計上された住宅ストック循環支援事業のうち、マンションなど持ち家の省エネ性能を向上させるリフォーム(エコリフォーム...
政策動向

マンションの電気自動車等の充電に設備と太陽光発電システム導入 国と東京都が大幅助成

 国が実施している電気自動車等の充電設備と太陽光発電システムの導入促進事業の申請書最終提出期限が、マンション等に限り9月28日から12月17...
政策動向

千代田区がマンション管理適正化条例の骨子 計画段階からライフステージごとの状況について届出求める 分譲時に長期修繕計画など提出、築後30年で劣化診断義務付け・再生検討を促す

 東京都千代田区は、「(仮称)マンション管理適正化条例」の骨子をまとめた。マンション開発の計画段階から、建替え・再生までの建物のライフステー...
政策動向

マンションの適正管理へ制度素案 管理不全の兆候あれば個別訪問、施策実施へ条例化を視野 東京都

 東京都は、マンションの適正管理を推進する制度の素案をまとめた。5年ごとに管理組合から届出を求める管理状況についての報告をもとに、管理不全の...
政策動向

東京都の管理不全マンション対策 昭和58年以前の約40万戸を検討

 東京都の「マンションの適正管理促進に関する検討会」(座長=齊藤広子・横浜市立大学教授)は5月14日に第2回会合を開催し、管理状況を把握する...
政策動向

管理不全マンション対策に東京都が本腰 検討会設置し、条例化見据える 23区も条例制定、コミュニティ形成の契機にも

 建物の老朽化と居住者の高齢化が進み、財源や役員の不足により適正な管理が行われない管理不全マンションの増加が懸念されている。外壁の落下などに...
政策動向

多摩ニュータウン再生に向けて

 高度経済成長期を代表するプロジェクト、多摩ニュータウン(NT)。東京圏への急速な人口流入と住宅難への対応として計画的なまちづくりが行われ、歩車分離方...
政策動向

国交省、住宅宿泊管理受託標準契約書を作成 緊急時の現場対応、外国人への連絡体制確保などを規定

 国土交通省は、住宅宿泊管理業者の業務内容などについて規定した住宅宿泊管理受託標準契約書案を作成した。業務内容は、宿泊者対応、清掃・衛生業務、住宅...
タイトルとURLをコピーしました